抹茶寒天

夏の記録ぼちぼちとシリーズ。

またまたお話会のおやつをお友だちからオーダー頂いたもの。

この夏、はまったひとつ、抹茶寒天です。

寒天って、小さいときは固くてあんまり好きじゃなかったんですが、それも水分次第で、するするってのど越しよくなるんだな、と大人になって知りました!

抹茶寒天、ほんとつるつるこれだけでいけるんですが、色とりどりにしてみました。葛粉も入っているからツルツル感アップです。

紫芋寒天、あんこ、ビワのシロップ煮、豆乳シロップを添えています。

今年はビワのなり年で、たくさん採らせてもらいました。

たべきれないくらいだったのでシロップ漬けに。パフェやケーキのトッピングにいろいろ使えます。

南天の葉っぱを彩に。

南天って、赤飯によくのっていたりしますが、あれはもし赤飯が痛んでいたら、南天の葉を食べて下すように添えられていたらしいです(薬草研究している先生談)。

ただの飾りではないんですね~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中