大寒とビワの葉エキス

DSC_6263きのうは旧暦の大寒でした。

大寒の頃に、ビワの葉エキスを作るといいよ

まえに淡路島の料理家、どいちなつさんにそう教えてもらったことがあります。大寒の頃は一番寒いので、ビワの成分もぎゅっと凝縮して薬効が高くなるそうです。お味噌も大寒の頃の水を使って作ると腐りにくいとも言いますね。

ビワの葉エキスは、東城百合子さんの自然療法の本にも載っていますが、生のビワの葉を洗って、水気をふいて、ざく切りにしたものを、35度の焼酎をひたひたにしてつけます。三か月くらいすると茶色い液体になります。これがビワの葉エキス。

やけど、腰痛、肩こり、ねんざ、歯痛、口内炎、のどの痛み、湿疹、虫刺され、かゆみなどに効くと、東城さんの本には書かれています。うちでは、これを精製水で薄めてローションに使っています。

 

DSC_5887

自主保育仲間とやっている、おやまのおうちでは去年の冬至にビワの葉エキスを仕込みました、

実は、大寒と冬至を勘違いして、作っちゃったんですけどね(笑)

 

DSC_5981

仕込んだビワの葉エキス。一番最初の写真は2014年に仕込んだものなので、これがだんだん茶色になっていきます。

ビワの葉にそんな薬効があるなんて、見つけた人はすごいなぁと思います。そういう昔ながらの知恵とか大好きですね。自分で薬を作れるというのも、楽しいです^^

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中