魔女にとって大事なことは?

DSC_6111

昨日の投稿で、意外と魔女になりたいという反応が多くて、びっくりしました。

実は魔女ですという方も、けっこうおられそうですね。

魔女会とかやったら楽しそうです。

 

中世ヨーロッパだったら、魔女狩りとかにあって、とても「魔女になりたい」などと口に出せないと思うのですが…。

「魔女」と一口にいっても、みなさんそれぞれお持ちのイメージは違うと思います。

私がめざす「魔女」とは、昨日も書きましたが、「自然を知り、自然を生かし、自然にそって生きるヒト」のことです。古典的な魔女とは少し違うかもしれませんね。

 

では、「魔女」をめざすべく、私が大切にしていることは何か?

写真の3冊、自然な暮らし、生き方に関する3冊ですが…

かつて私の友人が「虹の戦士」という本を紹介してくれました。

虹の戦士は「地球が病んで動物たちが姿を消しはじめるときまさにそのときみんなを救うために虹の戦士たちがあらわれる」というネイティブアメリカンのおはなし。

彼女はわたしを”ナフシャ”という神戸のカフェに連れていってくれました。

ナフシャは閉店してしまうのですが、そののち、わたしは虹の戦士を訳された北山耕平さんのおはなし会が神戸であって参加しました。写真真ん中の「自然のレッスン」という本の発行記念イベントだったように思います。

その後、淡路島に再びナフシャという名のカフェが出来たと聞き、いつか行ってみたいと思っていたら、写真一番下の「地球の上に生きる」を書いたアリシア・ベイ・ローレルさんのライブがナフシャであると聞き、出先から駆け付けました。それも不思議で、その日にアリシアさんと会うことになると知らなかったのに、出かけるときにこの本を持ち歩いていたのです。奇遇さにおどろきました。

ナフシャは、シャーマニックドラムが飾られ、なにやら縄文の香りがする不思議で素敵なカフェでした。アリシアは50になってから、歌手活動を始めたと言って、いつからでも遅くない、やりたいことをぜひやっていうメッセージをくれました。

ナフシャの店主は年末に亡くなられてしまったのですが、そのナフシャで3月に虹の戦士の朗読などのライブが行われるそうです。

つながりのないような本たち、実はつながっている!!!

話が長くなってしまいました。

「自分が好き」というものを大事にしていくと、感性が磨かれていくような気がします。直感力で、好きなことや必要な情報をキャッチできるアンテナが鋭くなるように思います。

自分の好きを大事にすること、感性を磨くこと

私が魔女をめざすうえで大切にしていること、その一についての話でした。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中