ねころび計画とは?

DSC00077

 

消費するだけに消耗せず、作り出す暮らし

はじめまして。山奥に引越ししてはや8年超え。山奥にいると、当然お店は少なく、お金を使うところは少ないです。

ないものは、車で1時間ぐらいかけて買いに行くか、あるいはがまん、工夫する、作るか。

そんなことをやっているうちに、つくるたのしみにはまりました。

味噌、梅干し、甘酒、干し柿、お茶、お菓子、パン…etc まずはたべものから・・・

病院に行くにも、専門の病院はやっぱり車で1時間弱。

こうなると、病院行くの面倒なので、病院行かなくても、自然療法、薬草、ホメオパシー、昔の知恵、使えるものはなんでも使って、どうしてもだめなら病院というぐあいに。

おもちゃや公園も、あればいいけど、なければないなりに、子どもはなんでだって遊べる。

子育ても手作り&自然育児全開になっていき、自主保育、森のようちえんやフリースクールに興味を持つようになりました。子育ても、教育もてづくりできるかもしれない?!

もちろん一人や一家族ではだんだん手が足りなくなる。

そうなるとコミュニティを作りたい、村を作りたいなんて妄想はどこまでも果てしなく。

同じようにつくることにはまる仲間を探して、いろんな場所へ旅して、いろいろつながっていきました。

でもリアルにやっぱり近所に住みたい。古民家暮らし、自然暮らしをしたい、仲間と近くに住みたい、そう思いながらの仮住まい8年強。そろそろ固定した場所に移り住みたいと考えています。

さて、やっと本題です・・・

ねころび計画とは何か?

ごろごろゆったりねころんで過ごす計画、ではないです。

むしろ逆で、どっちかというといそいそ手間暇かけるもの。

ネコがひなたがあったかいとか、なでられてうれしいとかそんなささやかなヨロコビ

これを「ネコ的ヨロコビ=ねころび」とわたしは名付けました。

ささやかなヨロコビを、みつける、つくりだす、ふやす。

それがたくさんあつまれば、しあわせ。

そんなヨロコビを増やす計画が「ねころび計画」

消費生活の中でどっぷり暮らし、消費するためにお金をかせいでいるうちに、自分をどんどん消耗していく生活から、ひとつでも何かをつくりだせるようになれば・・・

それは「消費するだけ生活」からの自由に向けた、第一歩。

いえ、何も作らなくても、お金を出して何かをせずとも、いまここにすべてがそろっている、

その視点が見いだせたなら、「ねころび計画」は始まっています。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中